酪農家を助けるコントラクターって何?コントラで働くには?|酪農の基本

酪農・農業

こんな人におすすめ

  • 酪農を学びたい
  • コントラクターを知りたい
  • 酪農に興味がある

本記事の内容

  1. コントラクターとは
  2. なぜコントラクターが必要なの?
  3. コントラクターで働くには?

1.コントラクターとは

コントラクターとは、酪農家や農家の農作業を請負する組織のことを言います。

コントラクターは畑の耕起、肥料散布、作物の収穫など農作業に関わる作業を行ってくれます。

酪農家などの経営者がコントラクターに行って欲しい内容を委託します。

コントラクターは農作業などの機械を扱うプロなので安心して作業を委託できます。

2.なぜコントラクターが必要なの?

農作業は酪農家や農家の仕事なんだから自分で行ったほうがいいのではと思う方も多いと思います。

しかし、酪農全体を通して大規模化が進み、1日のほとんどを飼養管理に使う必要が出てきました。

そのため、農作業を行う時間を確保するのは非常に難しいです。

また、農作業は一日中機械に乗る作業が一週間から二週間続きます。

自動運転などが普及し始め、作業が楽になってきましたが、一日中機械に乗るのは非常に大変な作業です。

それに加え、酪農家は搾乳や餌やりなどの作業があるため、とても忙しくなってしまいます。

個人経営では、作業を自ら行わなくてはならないため、コントラクターの存在は酪農家の支えになっています。

3.コントラクターで働くには?

コントラクターで働くことで酪農家の力になりたいと思う人や機械が好きで仕事にしたいという人がいると思います。

そのため、ここからはコントラクターで働くための方法を紹介します。

コントラクターは求人にも載っているほど一般的な仕事になっています。

そのため、求人サイトで検索すると多くの地域で募集していることがわかります。

求人している企業や地域によっては必要な資格は様々ですが、

多くのコントラクターで共通しているのは「作業免許」と「大型免許」「大型特殊免許」です。

やはり、機械の作業がほとんどのため、機械を操る免許が必要です。

他にも、「けん引免許」「フォークリフト」などがあると尚更いいです。

機械の技術や農作業の経験を積むことができるため、将来酪農をやりたいと考えている方にもおすすめです。

今や、酪農には欠かせなくなったコントラクターですが、地域によっては人手不足が問題になっているところもあります。

機械に関わる仕事がしたいという方にはコントラクターをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました