農場バイト、農業体験での持ち物と服装を農業バイト経験者が教えます|農業

酪農・農業

こんな人におすすめ

  • 農場バイトや酪農体験に行きたいけどなにを持っていけばいいかわからない
  • どんな服装で行けばいいかわからない
  • 農場バイト、農場体験に興味がある

本記事の内容

  1. 農場バイトとは?
  2. 農場バイト、農業体験での持ち物と服装
  3. 自分で野菜を育ててみませんか?

農場バイトや農業体験に行くことが決まったけど、どんな服装や持ち物でいいのかわからない。

こんな疑問を解決します。

1. 農場バイトとは?

農場バイト、農業体験に興味があるけど、どんな内容なのか不安がある方。

まだ、詳しく調べていない方はこちらの記事で詳しく紹介していますので、ご覧ください。

農場バイトをおすすめする理由。農作業未経験でもできるの?農場はどうやって見つけるの?バイトを学びに【体験談と共に解説】
コロナ禍でバイトがなくなってしまった。そんな方には農場バイトがお勧めです。なぜ、農場バイトをおすすめするのか。農作業未経験でもできるのか。農場はどうやって見つけるのか。そんか疑問を解決します。

2. 農場バイト、農業体験での持ち物と服装

農場バイトで必要な持ち物は以下の物です。

  • 長靴(必須)
  • 汚れてもいい服(必須)
  • 軍手(必須)
  • タオル(必須)
  • 帽子
  • 飲み物

長靴(必須)

長靴は農場バイト、農業体験には必須です。

バイト先、実習先で用意されていなければ必ず用意しましょう。

また、綺麗に洗っておくのもポイントです。

土には多くの微生物や細菌がいます。

違う農地の土がついたままで他の人の農地に入ってしまうと伝染病などを運んでしまう可能性があります。

そのため、長靴はきれいに洗ってから持っていきましょう。

 

汚れてもいい服(必須)

農場バイト、農業体験は必ず汚れます。

畑で作物を育てた経験がある方はわかると思いますが、農業は土の上で行うのでどうしても汚れてしまいます。

そのため、汚れてもいい服装にしましょう。

古くなったジャージやTシャツで大丈夫です

わざわざ、ユニクロなどで服を買いに行ったりする方がいますが、汚れてもいい服がない方以外は買わなくても大丈夫です。

土汚れは落とすのが難しいため、一度ついてしまうと普段着るのは難しくなります。

そのため、自分の中で農作業専用の服を用意していただくといいと思います。

また、Tシャツは半袖ではなく、長袖をおすすめします。

日中は日差しが強いため、肌に直接日光が当たると、体力を消耗してしまったり、日焼けをして後々後悔することになります。

さらに、作物の葉は意外と切れやすく、簡単に肌が切れてしまいます。

自分の身を守るためにも長袖にしたほうがいいです。

実際に農家の方も長袖でやっています。

他にも、つなぎを買うのもおすすめします。

つなぎは汚れても普段は着ないため農作業用にできます。

農業高校などでも生徒はつなぎを必ず着て実習を行います。

そのため、農業=つなぎ と言うイメージもあるのでは?

 

軍手(必須)

農業は土を扱うため、手が汚れるのを軽減させるために軍手は必要です。

また、鎌などの器具も使うため、怪我防止の観点からみても必要になります。

私がお勧めするのは、つぶつぶがついた物です。

農作業で使う道具を普通の軍手で持つと、意外と滑ります。

そのため滑り止めのついたこちらの商品をお勧めします。

しかし、こちらの商品はセットになっているものが多く、単品で売っていることが少ないです。

そのため、単品で欲しいと言う方はこちらのヘックスアーマーもお勧めです。

一つの値段は高くなってしまいますが、耐久性が高く、安全なものになっています。

刃物を扱う場合もあるため、値段は張りますが、こちらを買っても損はないと思います。

 

タオル(必須)

タオルは意外と忘れがちですが、とても重要です。

なんと言っても万能だからです。

汗を拭く他にも頭に巻いたら、帽子代わりにもなります。

また、農家は手を洗う場所があっても拭くものがないためタオルがあると便利です。

私のおすすめのタオルの使い方は、帽子と頭の間にタオルを入れて、タオルを後ろに垂らす使い方です。

こうすることにより、首を日差しから守り、日陰を増やすことができるため快適です。

こちらのタオルも汚れてもいいものにしましょう。

帽子

帽子は個人的には必須と言ってもいいほど重要です。

日中の作業で最も辛いのが日差しです。

そのため、帽子が日差しを遮る効果はとても大きいです。

タオルなどでも代用はでできますが、帽子にはつばがあるので、日陰が大きくなるのでお勧めです。

帽子の種類は人によって様々ですが、日差しを遮ることができればなんでも大丈夫だと思います。

キャップの方もいますし、農作業用の帽子の方もいます。

私はキャップをかぶってやっていますが、他の人がかぶっていていいなと思ったものを紹介します。

それはこちらのサファリハットです。

サファリハットのいいところは影ができる面積が多いことと、男女、大人、子供問わずにかぶれるところです。

また、おしゃれなため普段も汚れていなければ使えます。

 

飲み物

飲み物も持って行くといいでしょう。

私が言ったバイトでは、飲み物を用意していただくことが多かったですが、必ず用意してくれると言うわけではないのでしっかり持参すると良いです。

正直、飲み物がない中で農作業を行うと倒れます

日中に体を動かしているのに飲み物を飲まないと倒れるのは当然ですが、飲むのを忘れて熱中してしまうという方も少なくありません。

倒れてしまうと多くの方に迷惑がかかってしまいます。

そのため、こまめに水分補給をすることを忘れないようにしましょう。

3. 自分で野菜を育ててみませんか?

農場バイトや農業体験で身につけた知識や体験を使って野菜を育ててませんか?

農場バイトや農業体験をすることによって多くの刺激があると思います。

私も実際の農作業を行い、自分で野菜を育ててみたいと思いました。

同じように思う方も少なくはないと思います。

また、農業体験に行くのは野菜の栽培に興味があったり、子供に食育をさせたいという素敵な親御さん達だと思います。

そんな方達には「シェア畑」をお勧めします。

これは、農地をレンタルすることができるサービスで、農地を持っていない方がレンタルして、自分で野菜などを育てると言うものです。

さらに無農薬野菜を栽培することができるため、小さいお子さんにも安心して作物を育ててもらうことができます。

ご利用してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました