牛って何をどれくらい食べるの?|酪農|牛|食べ物

酪農・農業

こんな人におすすめ

  • 酪農について知りたい
  • 自分が食べているものの元を知りたい
  • 牛が好き

本記事の内容

  1. 牛が普段食べるもの
  2. 牛が1日に食べる量
  3. 牛に感謝しよう

1.牛が普段食べるもの

牛が食べるものは粗飼料濃厚飼料に分けられます。

粗飼料とは生草や乾草、サイレージのことをいいます。

濃厚飼料とはトウモロコシや大豆、油粕、ビートなどのタンパク質が多く含まれるもののことを言います。

牛は普段、草を食べます。

牛には4つの胃があり、人間には消化できない草も消化することができます。

そのため、草を食べることで自分のエネルギーにすることができます。

皆さんの牛のイメージは草の上にいるイメージではないでしょうか。

しかし、雪が降る北海道などでは冬は草が生えないため、食べ物がなくなってしまいます。

では、どうやって牛を育てるのか。

それはサイレージや濃厚飼料などの保存ができるものを作り、与えています。

サイレージは簡単にいうと牧草の漬物です。

サイレージにすることで冬の期間も保存ができ、栄養を保ったまま牛に与えることができます。

詳しくはこちらの記事で紹介してます。

濃厚飼料は保存が効き、少ない量で多くのエネルギーを与えることができます。

2.牛が1日に食べる量

乳牛は一頭で700kgもします。

では、その体の大きさで1日にどのくらい餌を食べるのでしょうか。

それは草を約10kg、サイレージを約10kg、濃厚飼料を10〜12kg、計約30kg食べます。

30kgですから人間の体重の約半分を1日に食べていることになりますね。

3.人が食べられないものを食べれるものにしてくれている

牛は人間が消化できない草を食べて、人間の食べ物を作ってくれます。

皆さんがおいしいお肉を食べたり、牛乳を飲んだり、チーズを食べたりできるのは牛のおかげです。

牛に感謝をし、お肉や牛乳をいただきましょう。

そして、感謝するだけでなく、行動に移してみましょう。

牧場に見学に行って牛と触れ合ってみたり、酪農について調べてみる。

そうすることで関心が深まり、さらに美味しく感じることができます。

行動して、感謝を伝えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました